離婚後女性年収200万円の人が車を手放すメリットやデメリットに関して

今は離婚して、女性一人で暮らす人も多くなりました。
 

 
当たり前ですが、今までと同じように配偶者から経済的な援助を貰うわけにはいかなくなります。
 

 
住む地域の物価が多少変わるものの、年収200万円程度だと車を持つのは大変厳しいのです。車は購入時の価格以外にも維持費が多くかかるからです。

 

 

ここでは、車を買い替える目的ではなく当方が離婚し車を手放した経験を基に、売ることで得られたメリットやデメリットをお話します。
 

これからどうするかを考え、勇気を出して一歩前進したい方へのお役に立てれば嬉しく思います。

 

 

【売ったことで得られた、こんなメリット】

 
まず今まで支払っていた毎年の高い自動車税(当方が愛用していた日産マーチの場合:1200ccで約3万5千円)や任意保険料(約2万8千円)、新車ではないため2年ごとの車検代(年間10万円で見積もった場合)をもう支払わなくて良くなります。

 

 

それをざっくり計算すると年間約16万円の支出を抑えられることになりました。

 

 

しかも実際に売却してみたら、実はそれ以外にも経費を節約していたことが分かりました。

 

 

例えばアパート暮らしで考えると、家賃とは別に駐車場代が月5千円かかっていたとすれば、年間6万円支払っていたわけです。
 
ガソリン代を考えても、月1万円の支出なら年間12万円使っていたことになります。
 
 
年単位で考えると、結構とんでもない金額になってきますね。
 
ここまでで、自宅が一軒家としても30万円近くかかっていますし、上記のアパート暮らしなら更に6万円増えていたことになります。

 

 

また車を手放したおかげで、思いもよらぬポジティブな効果が現れました。
 
通勤による一日の歩数が格段に増えたため、スポーツクラブなどに行かなくても腹が凹み、体重が落ち体全体がしまってきたのです。4 
おまけに駅の階段を一気に登っても苦しくなくなりました。

 

 

お金を使って車を利用していた結果、代謝が落ちて太ってしまったのでさらにお金を使って運動をしていたわけです。
 
 
スポーツクラブやスイミングに行っていた費用が月6千円で計算したら、これも年間7万2千円の節約になりました。
 
ああ、なんと収入に合わない生活をしていたものだ・・

 
これは、売ったからこそ分かった問題でした。

 

 

【車を売ったことによるデメリット】

 
さて、車を売ったことはメリットばかりではありません。
 
体力的に楽が出来る部分だけでなく、時間を今まで大幅にカバーしてもらっていたことにも気づきました。

 

 

電車などの交通機関を利用すれば、待ち時間などを考えて時間をいつも気にしなければいけません。
 
買い物も一度に何か所も廻るのが難しくなりました。

 
 
そのことも関連して、夏場に歩き回ると大変日に焼けます。
 
女性ならシミソバカスの原因となるUV対策も重要課題の一つなのです。

 

 

以上の理由で、年間数十万円の支出とこの体力や時間的なメリット、見栄えの良さなどを天秤にかけて検討することが必要になってきます。

 

 

【車を売る前にここを考えて!】

もしも小さなお子さんなど特に家族がいる場合、車に頼っていた部分をどうするかを考えてみました。

 

 

・お稽古ごとへの送り迎えをする場合、その時間帯の交通手段を確保出来るのか、または徒歩で行けるのか

 
・急病や大きなケガをした場合の病院に向う手段をどうするか
 
・普段の買い出しも家族がいれば大量になるため、どこまで行き、どのようにして(自転車とかショッピングカートを買うか、宅配利用とか通販かなど)お米や飲料、衣料、大型商品も難なく買えるようにするか
 
・悪天候でも必要なら外出しなければいけないので、それなりの雨具の準備

 

 

中でもいざという時に”車でさっと買ってくる”が出来なくなるので、ある程度食料品や常備薬など充実させておくと安心です。

 
場合によっては、駅やバス停近くなど利便性の良い土地に引っ越した方が、長い目で考えると安上がりになることもあります。

 
これらをクリアできれば、後はどうにかなります。

 

 

【売る手続きは意外と簡単】

 
車を売る場合、少しでも高く買い取ってもらうなら複数の場所で査定をしてもらう必要性が出てきます。
 
当方の場合は、それよりもいつもお世話になっている車屋さんに買い取ってもらいたかったので、査定価格は平均的であれば良しとしました。
 
離婚による精神的ダメージと面倒な手続きへの説明を少しでも軽減したかったからです。

 

 

車屋さんに売却する旨を告げてその日を予約した後、保険会社に任意保険はいつからいらなくなるのかを連絡しました。

 

 

売却時の見積もりは、以下のような感じでした。

 

・車両本体価格
 
・重量税
 
・次の車検までの自賠責保険料
 
・リサイクル料金(廃棄処分する時の費用。最後の持ち主が前払いで持つので買い取ってもらえる)
 
・自動車税

 

 

これで、計20万円弱になりました。
 
時期によっては、自動車税支払い主の移転手続きの受付が間に合わず、売却後に請求がこちらに来ることもあります。
 
その場合は先に代金を預かる形になるとのことでした。

 

売却時に必要な書類は、印鑑登録証と実印でした。

 

 

現地にて必要な書類に記入し、押印する程度のやりとりをしてキーを渡すと売却が終わりました。

 

 

【おわりに】
 
車を手放してみて、後にドライブすることが自分のストレス解消に役立っていたのかも実感しました。
 
シートに座りドアを閉めた時の下界から隔離されてほっとする感じは、当然ですがありません。

 

 

ですが、これはストレス解消法を車以外に見つけられれば良いのです。暮らして行くことが最優先ですものね。
 
落ち着いてきた今、電車での旅行などの計画もこれから少しずつ楽しもうと思っています。

 

 

自立して暮らせるように出来たことやダイエット出来たことも含めて、自分にとってはトータル的にプラスでした。

 
愛用していた自家用車との心安らぐ思い出は、大切に心の中のアルバムにしまっておこうと思っています。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ