軽自動車(ダイハツムーヴ)を無事に予想以上の高値で売却体験談

車を手放すことを決めた理由

 

元々家庭には自分、妻、息子の自動車が3台ありましたが、妻の買い物は自分の車で兼用していたこともあり約1年間はほとんど乗っていませんでした。

 

 

使用しない車を保有している無駄に気付いたのは息子の車の月極駐車場代を支払った時でした。

 

 

自宅には2台の駐車スペースがあり、2台でまとめられれば3台目の駐車場代や自動車税・車検費用などかなりな負担が無くなることに気付き妻の軽自動車の売却を決めました。

 

車の概要と売却までの経緯

ダイハツムーヴ、6年使用、走行距離24000km、傷や修理歴も無くキレイ、であり、いいところ10万円程度だろうとあまり期待していませんでした。

 

 

インターネットで「自動車 売却」で検索し、ヒットしたサイト2つほどで、車種・年式・走行距離・自分の名前・ケータイ番号などを入力すると売却価格見込み約20万円とサイトでの概算価格が表示され「予想より高いな」と思ったことろ、

 

 

ケータイに電話がかかってきました。

 

 

 

車買取会社A社・B社・C社と順番にかかってきて、結局当日(土曜日でした)に持ち込めば30分程度で査定が完了するA社に査定を依頼することにしました。

 

 

 

B社・C社では本日土曜日は店と査定が混んでおりはっきりした所要時間が分からない、と言われたこともあり、まずはA社に持ち込みしました。

 

 

A社は知名度もあり名前も知っており、B社・C社も全国チェーンで、本部からの査定依頼電話でした。電話オペレーターはみな電話応対レベルが高かったです。

 

 

売却の決定

A社に持ち込むと、親切なスタッフがすぐに対応してくれ書類に必要事項を記入し、妻の通帳や銀行印も持参しましたが、所有者の実印と印鑑証明が必要であることの説明もありました。

 

 

約30分ほどで査定が完了し「22万円で買い取りさせていただきますがいかがでしょうか?」との恐る恐るの提案がありましたが、即決するつもりはなかったので、「また検討してからまた来ます。」と伝えたところ、

 

 

スタッフ曰く「今決定していただければ30万で買い取りします」と一気に値上げの申し出があり、

 

 

結果その場で即決し、日にちを決めて自宅まで受け取りに来ていただくこととなりました。

 

 

その時に印鑑証明と事前に渡された実印押印書類を用意していました。

 

 

車を売ったメリット

 
まずは現金収入があったこと。30万円は引き渡し後1週間後に妻の口座に入金されました。

 

使用しない車を手放したことで、車検や自動車税がなくなったこと、3台目の車の月極駐車場が無くなったこと、年額で計18万位節約できました。

 

 

デメリット
やはり家庭の車が1台減ったことで、たまに妻が車を使いたい時に自分の車が出払っていれば車を使えない、また県外にいる別の息子が帰省した時に車が空いていない時がある、という事前から覚悟していたことでした。

 

 

売る際に知っておきたかった知識

 
年間を通しての売却時期は4月以降よりも3月までが新年度の自動車税の負担がなくなることで、今回のように行き当たりばったりよりも計画的に売却した方が得する、ということでした。

 

 

売却を通して分かったこと

 
A社のスタッフと話していた分かったことは、24000kmは買取会社にとって魅力があること。もちろん車種や車の状態にもよりますが、その走行距離が重要であること。

 

 

また買取業者は、売れる車を買い取りすることが大事ということ。よって価格交渉をすればもっと値上げできた可能性もあったかな、ということです。

 

 

また買取査定しないかとの各社の電話窓口の人の話では、土日はお店は混んでいて時間がかかる場合が多いのではないか、ということです。

 

 

平日であれば2社ほど回って、価格交渉ももっと優位にできただろうと思います。車体の色はシルバーでしたが、シルバーの方が値が高い、と言われたことも30万円になりました。

 

 

その他
自宅に引き取りに来ていただいたA社スタッフに、自分の車(トヨタVOXY・9年・12万km・車体に擦り傷複数あり)の査定もして欲しい、とお願いしました、車検直後ですので買い取り価格は車検費用くらいまでですね、とあまり興味なさそうな返事でした。

 

 

 

やはり売れる車とそうでない車では買取業者の魅力がまるで違うんだな、ということも分かりました。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ