車を売る値段は普通に10万円の差が付く!知り得た車売りの情報と体験談

皆さんはどのようにして車をお売りしますか?
 
せっかく売るなら少しでも高いところで売りたいですよね。
 
 
大切なお車を売るための知識として、私の体験談を交えてお書きします。

 

【車売りのきっかけ】

 
私は結婚する前から主人が乗っていた車を売り、新しくファミリーカーとして購入しました。

 

 

主人は現在の一つ前に発売されていたbBの中古車に乗っており、お付き合いしている時から「16万キロ超えたし、そろそろ替えたい」と言っていました。

 

結婚をして落ち着いた頃に「いつか子供が出来たときに」ということで、長く乗れるようにと新車を購入しました。

 

 

【車売りのメリット、デメリット】

 

 

新車はディーラーで購入したのですが、何の下調べもせずにそのままディーラーで下取りしてもらいました。

 
車を売ったメリットとしては、やはり少なからずお金になるということです。
 
かなり乗りこなしていたので逆にお金を払わないと引き取ってもらえないのではと心配するほどでしたが、それでも数万円になり新車の足しにしました。

 
デメリットとしては私たちは知らずにしていなかったのですが、どこでどれだけ売れるかということを自分たちで調べなければならないということです。

 
私たちは無知だったので言われるがままディーラーで売ったのですが、売った後からやはり私たち自身でも動かなければ損をしてしまうということが分かりました。

 
今はWebでも簡単な下取り価格を調べることも出来ます。

 
近くの中古屋さんでは?
地元の自動車屋さんでは?

 
聞くだけならタダで聞けるので、その手間をするだけで売った金額ももしかすると大きな差になるかも知れません。

 
私自身このような情報を全くと言ってもいいほど知らず、ディーラーの担当者の方からも「今の車は私どもの方で下取りされますか?」と選択肢を出して下さったのですが、分からずにお願いしてしまいました。

 
後に下取りの話を周りの方々としたときに、「もう少し高くで売れたのでは?」と言われ、Webだけですが調べたところ高いところでも十数万円になりました。

 
私たちの下取り価格は十万円にも及びませんでしたが、少し調べるだけでもこれほどの差が出てきます。

 

 

【売ったことで知り得た情報】

 
売ったことで分かったのですが、価格の高いところを探すのももちろんですが、日頃から大切に乗っていればまだまだ高くで売れるということを耳にしました。

 
大切に乗るということは、必要であれば手入れをしているということでもあります。
常に綺麗にしているとサビることや塗装が剥げる、傷がつくこともさほどありません。

 
汚い車と綺麗な車なら誰しも綺麗な車を選ぶように、手入れをして大切にしている車は微々たるものかも知れませんが高くなるそうです。

 
そして下取りをお願いする前に細かく洗車や清掃をしていると尚良いと聞きました。

 
そして、装備品もあまりゴチャゴチャしていない方が売れると聞きました。

 
私たちは中古車で購入した後に貰い物のオーディオを取り付けていたのですが、そのまま下取りに出しました。

 
すると「このオーディオ程度ならまだ良いのですが、色々いじっていると逆に売るとなった時に売れにくくなるからシンプルな車の方が買いたいという人が多いです。」ということを伺いました。

 
私は元々付いてるのがいっぱいならお得と思っていましたが、様々な買い手のニーズに応えるにはやはりシンプルな車の方が良いということを初めて知りました。

 
これは売った際に聞かなければ、今でも知らないことでした。

 

 

せっかく車を売るのなら少しでも高く、そして少しでも楽に売れる方法を事前に知り、自ら動くことで大きな差に繋がります。

 

 
私は一度車を売ることに失敗したと思っていますが、私たちと同じような誤ちを繰り返すことなく、満足のいく車売りが出来ることを願っています。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ