車の購入!あなたは現金派?分割派?メリットデメリットからお得な方法を考えよう!

車を購入する時には必ずその支払い方法を確認されます。現金一括払いか分割払いかのどちらかです。

 

中にははっきりと「私は絶対に現金派!!」と自分の意見を持っている人もいるでしょうし、どちらにするか迷っているという人もいるでしょう。

 

現金払いと分割払いのそれぞれのメリットデメリットをみてみましょう。

 

【現金派の意見】

私が車の営業をしていた頃、現金で支払いをする方達は絶対的に「絶対に現金でしか払わない」と明確な意思を持っていることが多かったように思います。

 

 

そんな方達の意見としては、「とにかく借金をしたくない!」「金利に何十万も払うなんて、なんてもったいないんだ!」というものが多く、「ローンで買っても自分のものになった感覚がない」と言う人もいました。

 

もちろんサッと一括で支払いができればそれに越したことがないようにも思いますが、現金払いはメリットだけなのでしょうか?客観的に営業スタッフの立場からみると、それだけではないようにも思えます。

 

現金払いのメリット

・金利がかからない

 

現金払いの一番のメリットは金利がかからないということでしょう。車の購入は大きなお金が必要になりますので、全額でローンを組むとなると何十万単位の金利が発生します。

 

総支払い額という切り口だけで考えると、現金一括払いが一番お金はかかりません。

 

・借金をせずに済む

 

ローンで車を購入する人は多いものですが、「借金を負う」というマイナスイメージを持っている人も少なくありません。

 

誰かにお金を借りるという行為そのものに抵抗がある人にとって、借金をせずに100%自分のお金で買い物ができるのは大きな魅力です。

 

・名実ともに自分の所有物になる

 

車の車検証には「所有者」と「使用者」という欄がありますが、ローンで購入した場合はクレジット会社や販売店の名前が入る一方、現金払いで購入した場合は「所有者」に自分の名前が載ります。

 

これは名実ともにその車を所有していることになりますし、後はその車にいつまで乗るか、いつ手放すか、どこに売るか、誰かに譲るか、全て自分の意志で自由に決めることができます。

現金払いのデメリット

・買えるものが予算の範囲内に限られる

現金払いのデメリットとしては、予算の範囲内の買い物しかできないということです。

 

これは自分の身の丈に合った買い物をするという良い面もありますが、実際車を買う時には「見てみたらもう一つ上のグレードに乗りたくなった」「このオプションも付けたいな」と思っていたよりもいろいろなものが欲しくなってしまうものです。

 

そういった時に、支払いできる上限が決まっている現金払いは、希望のグレードや装備をあきらめざるを得ないケースも出てくるでしょう。

 

・手元から一気にまとまったお金が無くなる

言うまでもなく、現金一括払いをすると、それまでコツコツ貯めてきたお金を一気に使ってしまうことになります。

 

今の時代はいつ何が起こって何にお金が必要になるか分かりません。

 

特に子育て世代や介護世代は予期せず急にまとまったお金が必要になることもあります。そういったいざという時のためのお金を残しながら現金払いをするのは、予算よりも幾分か貯金に余裕があって初めてできることです。

 

また、乗りたい車によっては、その車を買えるだけ貯金をするのに時間がかかることもあるでしょう。

 

【分割派の意見】

現金派の方には信じられないかもしれませんが、金利を払ってでも分割払いを選ぶ人はたくさんいます。

 

分割払い派の人達は、「まとまったお金は別のことにとっておきたい」もしくは「今すぐまとまったお金がなくても車が買える」「毎月の公共料金と同じ感覚で固定費として考えている」と考えている人が多いように思います。

 

分割払いのメリット

・まとまったお金がすぐに用意できなくても欲しい車が手に入る

分割払いの一番の利点は、まとまった貯金がない場合やそのお金を他の用途に使うためにおいておきたい場合でも欲しい車が手に入るということです。

 

たとえばカーナビひとつとっても、現金一括だと一気に10万円単位の支払い金額が増えますが、分割払いの場合支払い回数で割った時の月々の支払い額はそれほど変わりません。

 

無理なプランさえ組まなければ、ほしいグレードや装備をあきらめず、乗りたい車に希望の装備を全て付けて買うことができるのです。

 

・まとまったお金が手元からなくなるリスク管理ともいえる

 

現金のデメリットとしても上述しましたが、今の時代ではまとまったお金が手元から一気に無くなることは大きなリスクだと考えて、貯金はあってもあえて分割払いを選ぶ人もいます。

 

多少金利がかかっても、目の前にあるお金を全て使ってしまうリスクの方が高い、という考え方です。

 

月々の支払額をできるだけ抑えた金額に設定して貯金もしながら、子供の教育費や仕事面での事情が変わったなどで心配な要素が解決をした時に、残債を繰り上げ返済する人もいます。
 
 
その場合その後かかるはずだった金利はかかりません。

 

分割といっても頭金がどれくらいあるか、分割回数、元金、ボーナス払い併用かどうかなどさまざまなプランがあるので、自分に合った負担の少ないプランを選べば、金利がかかったとしても“損をした”ことにはなりません。
 

完済すれば支払い能力の証明にもなる

 
そして分割払いを無事に終えることができれば、自分の支払い能力を証明することにもなります。
 
 
この実績があれば、次に何か大きな買い物でローンを組む必要が出てきた時にも、審査に有利になります。

 

・「分割払いの方限定」サービスを受けられる

 

販売店にとっては、自社の分割払いを促進させたいという思惑があります。そのため、「分割払いで購入の方限定!●●プレゼント!!」といった広告をうって、分割払いを選択した人に特典やサービスをしている販売店もよくあります。

 

中には値引きとして反映してくれる販売店もあるでしょう。分割払いを考えている人は、お得なサービスがないか、是非販売店に確認してみてください。
 

分割払いのデメリット

 
・金利がかかる

 
上述してきたとおり、分割払いには当然金利がかかります。

 

自分にできる範囲での月々の支払で好きな車に乗れる一方、総支払額は現金払いに比べて十万単位で増えます。

 

・無理な買い物をしてしまう危険性がある

 

車に限らず分割払いをする時に注意が必要なのは、「頑張れば払える」と思う金額を借りるのは非常に危険だということです。中にはボーナス払いを併用したために不況でボーナスが減ってしまって苦しくなった人もいます。

 

支払い終えるまで分割払いは続きますから、今の目の前のことだけでなく、長期的な目でみて余裕のある支払いプランにすることがとても大事です。

 

・支払い終えるまで自分の所有物にはならない

 

分割払いの場合で、車検証の「所有者」が販売店やクレジット会社の名義になっている場合は、支払いが終わるまで勝手に車を売ったり人に譲ったりすることはできません。

 

名義変更などの手続きも原則分割払いを完済した後になります。

 

 

【まとめ】
 
いかがでしたでしょうか?
 
現金払いか分割払いかという選択は、単純に「総支払い額」をみて損か得かということだけを考えてしまいがちですが、それ以外にも考えるべきメリット、デメリットがあります。

 

結局は自分がどのメリットを汲み取り、そのデメリットを重要視するか、という問題のようにも思えます。
 
もしかしたら今まで考えたことのなかった視点もあるかもしれません。支払方法に悩んだ時、この記事がお役に立てれば幸いです。
 
本当にお得!?値引きばかり強調してくる店には気をつけろ!危険な車屋
 
決算期に振り回されすぎる必要はナシ!車を買うベストなタイミングと時期とは!?
 
車購入の選び方は日常生活の車の用途によって決めるべき
 

最終的な決断は現金がどれぐらい手元にあるかどうかでも変わってきます。
 
数千万の貯金がある人は現金購入でも問題ないですが、貯金をすべて使ってまで車を購入するのは微妙ですよね。
 
ローンは上手に使えれば自分の手元のお金を生かしてお金の力を利用する事が出来ます。
 

その対価として利息分が発生しますが、今の時代現金一括払いできる人も少ないですよね。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ