決算期に振り回されすぎる必要はナシ!車を買うベストなタイミングと時期とは!?

dbsw0
車を安く手に入れるために、購入は決算期を狙え、と聞いたことのある人は多いでしょう。多くの自動車販売店は決算を迎える3月に合わせて、2月~3月を年に一度の決算期セールと銘打って大々的に宣伝しています。

 

けれど、車を購入する事情は人それぞれ。必ずしも決算期に買わなくてもいいことを知っていますか?本当に決算期に買った方がお得なのでしょうか?そしてその理由は?

決算期がお得といわれる理由

 

・決算期に販売店と営業スタッフが力を入れているのは間違いない

 

決算期はその1年の販売店の実績に大きく影響する時期であることは間違いありません。

 

各社とも他社に売り負けしないようにできるだけ多くの車を販売したいと考えています。

 

また、各自動車メーカーは販売店に売り上げに応じた奨励金を用意していたり、それを受けた販売店が営業スタッフに成績に応じた奨励金を用意していたり、という仕組みがあるのは事実です。そのため、決算期といわれる2~3月は販売店にとっても営業スタッフにとっても大事な時期なのです。

卒業、入学、就職、引っ越しシーズンに備えて

 

3月4月は卒業、入学、就職、引っ越しのシーズンで、それに伴って車の購入を考える顧客が、毎年2月くらいから増えてきます。決算期とこの時期が重なることは、毎年恒例の車の販売市場を大きく動かす動機になっています。

 

車の販売市場が動く、ということは、自動的に各社とも他社に売り負けないように対策や工夫をしているということです。これも決算期がお得と言われるゆえんです。

もともと3月は登録台数が多い→買い替えにつながる

そんな事情が重なって、そもそも各販売店は担当顧客の中でも3月登録の車に乗っているユーザーを多く抱えています。ということは、必然的にその時期に車検を迎える車が多く、車検前に買い替えを検討する顧客も増えるのです。

もともと車の販売の対象になる母体が他の月よりも多いので、販売に力が入ることは当然ですね。

 

【決算期=値引きのイメージはネット上で過剰になりすぎている】

 

「決算期大セール」は集客のための宣伝文句

 

ここまで決算期の事情を説明してきましたが、確かに決算期には他の月に比べて自動車販売市場が拡大し大きな販売台数が動くので、販売店も営業スタッフも力を入れているのは間違いありません。

 

しかし、残念ながらインターネットの情報などで言われるほど決算期に値引き額が大幅に増える、というのは、誇張されすぎているように感じます。これは実際に自動車営業をしていた私の経験から言えることです。

 

今の時代は、スマホやタブレットで検索すれば、車を安く買うための方法を簡単にそして大量に手に入れることができます。そのため、「車を買うなら決算月だ!」という情報も多くあるわけですが…

 

決算期だからといって、“車を売って利益を出す”という基本的な仕組みが変わるわけではありません。決算期以外にできないことは、決算期にもできないのです。

 

ではなぜ各販売店とも「決算期大セール」と宣伝するのか。それはあくまでも他社に売り負けないための集客が目的です。大幅な値引きができるから宣伝しているのではありません。大事な決算期に集客をするために宣伝しているのです。

値引きをし過ぎることは販売店にとってもリスクが大きい

 

インターネットなどで決算期の値引きを期待する人も多いですが、仮に決算期以外と決算期に値引き額の差があるとしても、それは販売店にとって非常にリスクの高いことです。

 

たとえば、大幅に値引きが増えた見積もりを他社に持って行かれたら…自らの手の内が他社にばれてあっという間に広まってしまいます。

 

他にも決算期に大幅に値引きした顧客が、決算期以外に販売した顧客と知り合いだったら…後者から「自分の時とこんなに値引き額が違うのはおかしい」とクレームが入るかもしれません。

 

 

また、「あの販売店に行ったらこんなに値引きしてくれた」という噂が広まれば、その大幅な値引き額を求めてくる顧客が増えてしまいます。

 

たとえ販売台数を伸ばすためとはいえ、このようなリスクをおかしてまで、大幅な値引きをするでしょうか?

 

 

他社に売り負けないように各販売店とも力を入れている決算期ですが、インターネットで仕入れた情報を真に受けて期待しすぎてしまわない方がいいでしょう。違いがあったとしても、おまけ程度の値引きが上乗せされたり、用品などのオプションがサービスされたり、という常識的な範囲のものです。

車の購入が必要になるのは決算期とは限らない

 

車を購入する動機として多いのは、それまで乗っていた車が古くなった・故障したなどによる車の買い替え、環境が変わって新たに車が必要になったなどの場合です。事故などで急に車が必要になることもあるでしょう。

 

そんなタイミングがちょうど決算期に重なることはまれです。無理に決算期に合わせずに車が欲しくなった時期にしっかり交渉をして、お得に買い物をするのが得策です。

 

また、買い替えを考えている人は、決算期まで待っている間に下取り価格が下がっていきます。多少値引きが増えたとしても、下取り価格がそれ以上に下がってしまっては本末転倒です。

 

それに、決算期以外でも各社とも販売店同士生き残りをかけて競争をしているのにかわりはありません。きちんと交渉すれば、納得のいく値引き額を出してくれるでしょう。逆に欲しくなったそのタイミングにしっかりと値引きをしてくれる販売店の方が、顧客にとっては親切です。

決算期に買った方がいい人

 

下取り車がない人

 

インターネットなどで謳われているほどでなかったとしても、多少なりともお得になるのなら決算期に車を購入したいと考える人もいるでしょう。決算期に購入した方がお得な人もいます。

 

車を買い替えるのではなく、車を購入するだけの人は、下取り車の価格が影響しないので、購入金額に値引き額が純粋に影響する決算期がお得でしょう。

あくまでも3月以内の「登録」が条件

 

車の登録とは、車種や車台ナンバーなどの車の情報と持ち主の情報を陸運支局(軽自動車は軽自動車検査協会)に申請登録し、ナンバープレートと車検証を発行してもらう手続きのことです。

 

販売店の売り上げは契約ベースでなく登録ベースで計算されます。そのため、いくら3月中に契約を済ませても、登録が4月になってしまうようでは決算月のメリットは受けられません。車は契約から登録まで1か月ほどかかるのが一般的で、在庫車などの

 

ケースでどんなに早く登録ができたとしても1~2週間はかかります。

 

つまり、決算月の値引きを狙うのなら契約は遅くても3月半ばまでに済ませておく必要があります。いくつかの販売店や車種を比較検討するとなると商談にかかる時間も長くなりますので、余裕をみたスケジュールを組んでおくようにしましょう。

決算期以外に買うメリット

 

・ゆっくりと商談をすすめられる

 

決算月の商談は、3月中に車を登録することが必須なので、どうしても「この車は今買って3月中に登録できるか」ということに重きを置いて話が進んでいきます。

 

しかし、せっかく買う車ですから、じっくり試乗もし、他の車種とも比べて考えたい、という人も少なくないでしょう。決算期はどの販売店も忙しいので、乗りたい試乗車になかなか乗ることができなかったり、オプションなどの追加装備をゆっくり考える時間がなかったりということが起きてしまいがちです。

 

車を選ぶという過程そのものの醍醐味を楽しみたい人や、丁寧に交渉を進めていきたい人はあえて決算期を外した方がいいでしょう。

 

車検月、査定額を考えると…

 

あなたの車検月はいつですか?たまたま2月、3月だった人は決算期と重なりますが、1年は12か月ありますから、それ以外の人が多いでしょう。

 

決算期まで待っていると車検を通さないといけない、とい場合は、決算期の値引きよりも車検代の方が高くなることは間違いありません。

 

また、査定価格はどうでしょうか。車の査定額は基本的に今この時が一番高く、時間が経過すると下がっていきます。
このように、車の維持費や査定額を考えた時、一番お得になるのは決算期以外になることもよくあることです。

 

ここまで読んでいただくと、車の購入が必要になったからといって無理に決算期に合わせる必要はない、ということが分かっていただけたかと思います。

 

私の経験を振り返っても、本当に買ってほしい顧客には、決算期以外でも会社から本気の見積もりのGOサインが出ていました。

 

それに、大きな買い物だからこそ、自分が欲しいと思ったその時に買うのが一番気持ちがいいと思いませんか?決算期以外に買ったから損だ、ということは決してありません。情報に振り回されないように気を付けてください。

 
これらの記事もぜひ読んでみてくださいね↓↓↓

 
本当にお得!?値引きばかり強調してくる店には気をつけろ!危険な車屋
 
新車値引き具体的な方法!新車営業マンに値引き交渉術を聞きました!
 
車の購入!あなたは現金派?分割派?メリットデメリットからお得な方法を考えよう!
 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ