原付バイクの廃車の手続き方法と経験者へのインタビュー

高校生、大学生、社会人の方で原付バイクを乗っていて、もうそろそろ乗る頻度も少ない、
走らない事が原因で【廃車】にしようかなと考えている人もいると思います。

 

そんなあなたにに【バイクの廃車の手続き方法】についてまとめてみました。

 

原付バイク廃車の必要書類は?

 

標識交付証明書

ナンバープレート

印鑑

廃車申告書

 

最終的に書類は市区町村役場に提出をすることになります。

 

お住まいの都道府県によって方法は違う可能性もあるので、
一度市民税課にお問い合わせをするのもおすすめします。
 

保険会社へはあらかじめ連絡

 

原付バイクを手放す前に、乗らなくなったタイミングで保険会社に連絡をすることをおすすめします。

 

なぜなら自賠責保険の払い戻しをされる場合があるからです。

 

保険会社への連絡をしないで、損をしないようにするのもバイク廃車のポイントではないでしょうか?

 

また一度連絡をする事で、この後の手続き方法の確認をすることで一連の流れをスムーズにできるでしょう。

 

バイク廃車は結構面倒

 

正直言って家電を捨てるような感覚で、バイクを捨てることはできません。

 

必要書類を集めたり、ナンバープレートを外したり、保険会社に連絡をしたり、
社会人の方で時間がない方は約1週間ぐらい時間がかかると言っても過言ではありません。

 

私のおすすめは、特に時間がない人はバイクの回収会社、廃車になるようなバイクでも買い取ってもられる
買取り会社を利用することも一つの方法ではないでしょうか?

 

型が古いバイクでも修理をして、再度販売したいと思っている中古屋も沢山ありますし、
そうすることで、バイクを再利用してもらえることもできます。

 

また面倒な手続きを全て代行してくれる会社もあるので、便利な社会になってきたと思います。

 

バイクを手放した人へのインタビュー

 

ここからはバイクを手放したSさんに実際の経験談をお話してもらいます。

 

Sさん宜しくお願いします。

 

はい宜しくお願いします。

 

Sさんが乗っていたバイクはどの車種で、なぜ廃車をしようと思ったんですか?

 

私が乗っていたバイクはホンダ ライブDio ZXというバイクで50CCのバイクでした。

 

当時高校生の頃にアルバイトを代を貯めて、約8万円で購入をしました。

 

大学4回生頃まではバイクも乗っていたのですが、社会人になるタイミングで上京することになったので、
もうバイクを引退しようと思ったのがきっかけです。

 

廃車の手続きはどうでしたか?

 

廃車の手続きは調べている中で非常に面倒な印象がありました。

 

大学4回生で就活も終わっていたので、とにかく遊んだり、思い出を残したいと思っていたので、廃車の手続きは辛かったですね。

 

でもネットで調べていると代行会社や買取り業者が有る事を知ってそちらの会社に連絡をして手続きをしてもらうことにしたので、

 
結果的には自分の時間や手間がかからず、非常に楽に終わらせることができましたよ。

 

車の廃車の手続き方法はこちら

 

2 Responses to “原付バイクの廃車の手続き方法と経験者へのインタビュー”

サブコンテンツ

このページの先頭へ