利用頻度の低下していたマイカーを思い切って売却してみました

子供が大きくなり、ほぼ買い物専用車となったマイカーを思い切って売却してみました、売却の際には、初めて買取業者を利用しましたが、下取りとは違い買取業者を利用するには事前にいくつかのポイントを知っておくと有利であることを知りました。

 

 

コストパの低下したマイカーを売却する

 
5年前にそれまで乗っていたワンボックスカーからBMW3シリーズセダンに買い替えました。

 

子供が小さいときはワンボックスカーでいろんなところに出かけていましたが、子供の成長と共に私の希望でもあった輸入車に乗り換えることにしたのです。

 
BMWはローンで購入しましたが、前の車の下取り代金があったので月々の返済額は同額、ただし、ボーナス時の年2回に10万円の支払いが増えました。年間で20万円の支払い増となりましたが、収入も増えていたため思い切って買い替えることにしたのです。

 
車の調子は非常に快適で、燃費も前の車より1.5倍ほど良くなり、これだと実質的なコスト増は20万円を大きく下回ることになるという感じでした。

 

ところが、子供の受験期に差し掛かり、車の利用頻度が大幅に減ることになり、ほぼほぼ買い物のために週1の利用という状況になりました。

 

 

こうなると、毎月3万円、ボーナス時10万円と駐車場代金3万円にプラス維持費を支払っているのが急に重くのしかかってきました。若干の迷いもありましたが、たまたま自宅の真横の駐車場にカーシェアサービスができたこともあり、思い切って売却することに決めました。

 

初めて買取業者を利用する

 
売却は、初めて買取業者を利用しました。既に、会社の同僚などから買取業者の優位性などについて聞いていましたので、不安はありませんでした。

 

買取業者の選定は、車買取一括査定サイトに申込みました。その中から3社に出張見積もりをお願いすることにしました。

 

 

選んだ3社は、1社は大手の買取業者、もう2社は、会社の同僚の評判の良かった業者、および、口コミで評価の高かった業者さんです。

 
まず最初の見積もりは大手の業者さんでしたが、金額提示の前に執拗にうち以外ではどこに見積もり依頼をしているかと尋ねれらるので、正直にあと2社の名前を出したところ、ほぼあきらめの表情となり、当社では競合先以上の金額を提示することは難しいと言われ、これが当社の限界値ですと金額を出されました。

 
最終的に売却を決めたのは、口コミで高評価であった業者さんです。

 

 

金額は100万円弱でしたが、大手の業者さんからは10万円以上も高い査定額でした。こちらの希望額も大きく上回り満足度の高い取引となりました。

 

 

業者さんから教えてもらったのは、輸入車などの人気の高い車の場合には、時間をかけずに良い価格で転売できることが多く、その分思い切った査定額を出すことができるとのことでした。

 

 

なるほど、購入する時からその辺のところも考慮すると売却時に有利になるということですね。また、同様に人気者の場合には現在価値が分かりやすいというメリットもありました。

 

大きく下がったランニングコスト

 
ローン残は、売却代金でなくなりましたので毎月3万円とボーナス時の10万円がなくなり、駐車場も解約し3万円減少、その他の維持費も当然なくなりました。

 

 

代わりに、買い物には週1回カーシェアリングを利用していますが、月1万円利用するかどうかというところです。このように、大きくコストが減少したことが最大のメリットです。

 
デメリットについては、今のところ感じていません。
 
当初は、カーシェアリングは、わナンバーのため若干の抵抗がありましたが、スーパーなどの駐車場に行くと非常に多くのわナンバーがあることに気づき、カーシェアリングの急成長を知ることになります。
 

ただし、たまの泊りがけの旅行などには、レンタカーと比べると割高となります。

 

 

ライフスタイルの変化に応じて

 
我が家の場合には、毎月のローンに加えて高額な駐車場料金というコスト削減しやすい状況にありましたが、これらはライフスタイルの変化に応じて状況は異なるでしょう。
 
ちょっと贅沢しているという感じであれば、大きなコスト削減が見込めるはずです。また、売却時にも、事前に買取業者の情報やマイカーの現在価値を知っておくと希望に近い額で売却できる可能性が高くなります。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ