初めての車の下取り(フォード)をした人の声や口コミ

私は現在30歳のサラリーマン男性です。今年の2月に人生で初めて車を下取りに出して車を買い替えました。その時の体験談を振り返っていきたいと思います。

 

実は売るつもりは無かった車

 

 

当時、私が所有していた車はフォードのエスケープというSUVタイプの車でした。

 

 

年式は2007年式で私が大学生の時にアルバイトで貯めた貯金を頭金にして新車で購入した車でした。

 

 

大学の楽しい時間から、社会人となり通勤で使ったり、結婚して妻と一緒に旅行に行ったり、子供が2人生まれてチャイルドシートを乗せて走ったりと、人生の節目を共に歩んで来た車でした。

 

 

初めて自分の力で購入した車だったので乗り潰すまで乗るつもりでいました。

 

 
しかし、今年に入って状況は一変しました。フォードの日本撤退が報道されたのです。撤退は決まりましたが、その後のメンテナンスについては具体的に何も報道がされなかったのです。

 

 

ネットで色々と調べてみるとディーラーが撤退した後のメンテナンスは部品代や作業工賃がやたら高額になったり作業自体が煩雑になる場合もあるようでした。

 

 

前々から妻からは燃費の問題や室内の狭さを指摘もされていた為、この時点で車を買い替えることを決意しました。

 

 

車をお得に乗り換える為の調査

 

車の買い替えを決めたからには、よりお得に買い替えたいのは誰もが考えることです。

 

 

私は、これまで車を売った経験がない為、車の買取に関しては全く知識はありませんでした。

 

 

 

その為、いきなり買い替えする車を探すのではなく、まず自分の所有する車の価値がどれ程のものかを査定することにしました。査定するには、一社だけでなく、二〜三社で比較したかった為、ネットの一括査定サイトを利用することにしました。

 

 
概算の見積もりをネット上で知らせてくれるものだと思い込んでいましたが、実際には担当者より電話があり、実物を見て査定していくとの事でした。

 

 

なかなか面倒ではありましたが、無知な私が少しでも知識を得る為には直接話を聞く必要もあった為、出張査定をお願いすることにしました。

 

 
実際に、車を見てもらうとどの会社も30万円前後の査定金額を提示してきました。

 

 

会社により多少の違いはあるものの驚くほどの違いはありませんでした。

 

 

その理由としては、査定金額の基礎はオークションで売買されている相場の金額がもとになる為、どの買取業者も参考にしている金額は同じということです。その為、買取業者に査定の金額を上げる交渉を努力したところで無意味だということです。

 

 

お得に買い替えする方法は?

 

 

おおよその車の価値と、査定金額の出し方がわかったところで次はお得に買い替えする方法について考えました。

 

 

買取金額を高くする交渉をしても意味がない為、あとは新たに購入する車の値引きを合わせて交渉することにしました。

 

 

経済的に余裕がない為、今回は中古車にするつもりだった為、近くの中古車販売店に向かいました。

 

 

 

狙っていた車はすでに決めており、三菱のデリカD5に決めました。

 

 

まずは、車の購入のみでの金額を出してもらい、そこからの値引き交渉に入りました。

 

 

まずは10万円の値引きまでは約束されました。そして、下取りの車がある話をして、査定してもらうと車の価値としてはやはり良くて30万円とのことでした。

 

 

そこで、下取りと値引きを合わせて考えてもう少し頑張れないかの相談を粘り強くした結果、下取りと値引きで総額50万円の値引きに成功しました。

 

 

車の売却のコツ

 

 

以上のように、車の買取にはまず情報収集から始めるべきだと私は思います。

 

 

地域柄どの会社がお得に買い替えができるかと言った情報も調べたり人から聞かない限りは分かりません。私が言えることは、車は売却だけではなく同時に購入することによってさらにお得に買い替えすることが可能であることが言えます。

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ